日本語教師に必要なこと

ウーマン

より日本を知ることが大事

ものを教えるためにはそれ相応の知識量が求められます。また普段は知り尽くしていると思っていることでも、「なぜそうなの?」と聞かれると答えに詰まることもあります。日本語教師である自覚をして、他人に説明できない日本のものはどんどん調べるクセをつけて常に多くの情報を発信できるようにしましょう。

ニーズに合わせた授業づくり

日本語を学びに来る人によって日本語を学ぶ理由は様々です。どういった理由で、どんなことを学びたいのか、生徒ひとりひとりに合わせて教え方を変えていくことで生徒のモチベーションアップにもなり自分も教えがいも感じるこができます。

相手の国のこともよく知ろう

日本に独特の文化があるように、海外の国にも独特の風習や文化があります。何気ない行動や言動が相手にとって失礼にとられてしまうケースもあります。ただ情報を発信する立場ではなく教える生徒の国や文化にも積極的に興味・関心を持ち、違いを理解して尊重していく姿勢が必要になります。

教え方を柔軟に!臨機応変な教え方

いくら優秀な授業ができても学ぶ側のニーズに合わせられないのでは、せっかく学びに来てくれている生徒のやる気を損なってしまう恐れがあります。ただ学ばせるのではなく、「楽しく勉強してもらえる」雰囲気を作ることが大切です。性別、年齢、国柄、職業といった生徒のプロフィールに合わせた授業づくりを心がけましょう。

教えるプロは教えらるプロでもある

「教師は情報を発信するプロ」と思い込みがちですが、同時に「情報を受信するプロ」でなくてもいけません。日本について教える中でも海外の国との意外な共通点・相違点を発見して積極的に授業に取り入れていく、などして生徒とのコミュニケーションに役立てていくアプローチが必要です。

日本語教師に必要なこと

一般的な理想の教師像は「子どもが好きなこと」「向上心があること」「教えることが好きなこと」ですが、日本語教師の場合でも「向上心」や「教えるのが好き」という点は大きく共通しています。あとは積極にコミュニケーションがとれる人ないしは、様々ことに興味が持てることが理想です。

広告募集中