日本語教師になる

勉強道具

アルバイトの求人を探してみよう!

日本語教室の求人情報などこまめにチェックしてみると、国内外を問わず見かけることがあります。なるべく積極的にリサーチしておきましょう。特に国内でのアルバイトなどは人気が高いので早めのエントリーを心がけておくとよいです。

インターネットを活用しよう

日本語教師養成講座を開講しているスクールでは日本語教師のなどを優先的に斡旋してもらえます。また外部からの求人募集なども一般に出回る前に掲示板やメルマガなどで知ることができるので、これらを活用することで効率的に探すことができます。

日本語教師の主な仕事内容とは

学校で国語を教えるのとは違い、日本語を母国語としない人に対して文法や発音などの会話や字の読み書きを教えるのが大まかな仕事内容です。また同時に日本の文化や生活習慣などは幅広い領域を教えることになります。

教えに来てよかった!やりがいを感じるところ

no.1

先生に教えてもらえてよかった

第1位は「感謝の声」。苦手な表現、わかりにくい文法など外国語を学ぶ人間なら誰にでも経験があるものです。そんなところを理解できるまで丁寧に教えると「先生に教えてもらって好きになった」などの言葉をかけてもらえたことが励みになった、という意見が一番大きかったです。

no.2

わからないところがわかるようになった

第2位は「授業の感想」。自分の教え方が評価されたようで励みになる人は多いようです。「次もがんばろう!」というモチベーションは教える側でも教えられる側も嬉しいものですね。

no.3

積極的に日本語を使ってくれる

興味を持っくれたことで積極的に日本語を使ってくれるようになるのはうれしいですよね。授業外の雑談でも頑張って日本語で話している場面に遭遇して、教えがいを感じた声がという声が多かったことが第3位の決め手になりました。

no.4

「日本が好きになった」と言ってくれた

基礎的な語学学習の会話や読み書きにとどまらず、伝統文化や礼儀作法を学んで、日本を好きになったという生徒の声に「日本語教師をしてよかった、と喜びを感じる」という声が第四位になりました。 

no.5

日本についてもっと知りたい

「日本人と交流する機会が増えたから」「日本語で取引する業務が加わるから」と人によって日本語を学ぶ理由は様々です。そんな人たちにも日本語教室での学びを通して日本にもっと興味を持たせる、ということにやりがいを感じる人は意外と多いようです。

広告募集中